2016年3月20日 堀部安兵衛 武庸 生誕地まつり特別企画 春の夜会         出演 坂田 明 / スガダイロー / ふくまこづえ
新発田アール・ブリュット2016~モノ、ガタル、タネ~
2016年7月11日 パネルトーク 仏前結婚式のつくり方
新着情報
お寺へのアクセス
facebook
(C) Choutokuji Temple. All Rghts Reserved.
写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国債条約により保護されています。
本山・東本願寺
新発田市観光協会
alliedmedia graphix
メールでのお問合せはこちら
お斉(おとき)   お斉とは法要・法事の時に出される食事のことです。昔、出家者の食事は午前に一食のみとされ、正午以降に食事することを 「非時(ひじ)」として禁止していました。そのことから午前一度の食事を「斉」(時・とき)と呼んだそうです。 また、お斉は、法事の後の会食(・・)ではなく、食べ物という「いのち」をいただく大切な仏事です。亡くなられた方を偲び、 有難く頂いてください。 長徳寺では、お斉を春・秋のお彼岸、11月の報恩講に大台所でお作りし精進料理を食べていただいております。
お盆(ぼん)     お盆は盂蘭盆会(うらぼんえ)とも呼ばれますが、これは、裏のお盆と表の盆があるわけではなく、インドの「ウランバナ」 という言葉を音写して、「盂蘭盆」という字があてられたものです。 インドの言葉の「ウランバナ」とは逆さに吊るされる苦しみという意味で、お釈迦様の弟子の目連という方が、地獄で苦しん でいる母親を救ったという話から日本では、お墓にお参りし、ご先祖を偲ぶ日となりました。
お経   お経はお釈迦さまの説法の記録です。紀元前5世紀、悟りを開いたお釈迦さまは35歳から80歳で亡くなるまでの45年間、インド の地で人々に教えを説きつづけました。お経はこの説教を弟子たちが口伝し、中国を経て日本に伝わりました。 正信偈(しょうしんげ)   真宗門徒が毎朝毎晩、勤めする正信偈(しょうしんげ・下の赤い本)。お経と思われがちですが、親鸞聖人が書かれた漢詩(うた) ですので正確にはお経ではなく偈文(げもん)と言います。正信偈には、仏教のエッセンスが込められています。
住職 住職等のお寺に住む者の呼称です。 住職(じゅうしょく)   - 寺院の代表者 坊守(ぼうもり)     - 住職の配偶者(妻) 前住職(ぜんじゅうしょく)- 先代の住職 前坊守(ぜんぼうもり)  - 先代の住職の配偶者 当院(とういん)     - 住職候補者 若坊守(わかぼうもり)  - 住職候補者の配偶者                             ※上記は浄土真宗での通称であり、宗派や地域によっても異なります。
分骨 亡くなられた方のご遺骨を分けて納骨する事を分骨と言います。最近では、分骨は良くない言われる方もおられますが、 仏教ではお釈迦様の時代から分骨を行ってきた歴史があります。 お釈迦さまが亡くなられた際、8つの国と部族がご遺骨を引き取りたいと主張し、戦争も辞さいないという国まで現れました。 話し合いの結果、遺骨を8つに分け、それぞれの国でお墓がたてられました。 以来、仏教徒には分骨する習慣があり、浄土真宗の門徒は京都にある親鸞聖人の墓所への分骨、本山・東本願寺への分骨を 行っております。本山への分骨をご希望される方は寺までお問い合せください。
別院(べついん)    本山とは別に、全国各地に本山に準じて建立された寺院を「別院」(べついん)と呼びます。かつては「御坊」(ごぼう) とも呼ばれていました。私たち真宗大谷派(浄土真宗)では、全国に52ヶ寺の別院があります。近くは三条市本町に三条別院が あり、県内の柏崎以北の大谷派寺院約500ヶ寺によって守られる念仏の道場となっております。 大谷派の別院はハワイやブラジル、北米など海外にも建立されています。
本堂(ほんどう) - 本尊・阿弥陀如来を安置する堂宇。寺院の中心 内陣(ないじん) - 本堂内で、本尊を安置する場所。本堂の奥の部分。外陣よりも一段高くなり、                                         極楽浄土の世界を表現している。 外陣(げじん)  - 内陣の手前部分で、僧侶が読経を行う場。 参詣席(さんけいせき)- 本堂で参詣者がお参りする場。 庫裏  - 元々は寺院の食事を整える厨房の意味。現在は、座敷のある建物や僧侶の居住する場所                         を庫裏と呼ぶ。
本堂・庫裏(くり)
本山と親鸞聖人 本山(ほんざん) - 宗派に所属するすべての寺を取りまとめる立場にある寺院。長徳寺の本山は京都・東本願寺。 御遠忌(ごえんき) - 50年に1度つとめられる親鸞聖人の回忌法要。来年、750回忌の法要が本山でつとめられる。 親鸞(しんらん)聖人(しょうにん) - 浄土真宗の宗祖。ただ念仏のみで救われる 道を説き、1262年、90年の生涯を終えた鎌 倉時代の僧侶。
法名(ほうみょう) 法名 仏教徒としての名前です。私たち以外の宗派では戒名と言われていますが、戒律のない浄土真宗では、仏法の法を聴く者の名前 ということで「法名」と言います。 亡くなった後に法名を受けられる方が多いですが、本来は仏教徒として、生前中に頂くものです。 院号(いんごう) 法名の上に冠する「○○院」いうお名前です。 もともとは有力な方が亡くなるとお寺を建て「○○院」と呼んだことから始まったものですが、現代では次々にお寺を建てるわけ にもいきませんので、様々な功績があった方に、本山から院号のお名前が贈られます。
焼香(しょうこう)   仏前を荘厳する(飾り讃える)ためにお香を焚く事を焼香と言います。極楽浄土の世界は清らかで、良い香りが漂っていると 説かれますが、お香を焚くことで、その場と心身を清らかに落ち着かせ、極楽浄土を感じるという意味があります。 焼香の作法は宗派によって、様々ですが、真宗大谷派(浄土真宗)では、お香をつまみ、香炉に静かに落とし入れて(2回)、 最後に合掌します。この際、お香を額などの高さ持ち上げ、頂く必要はありません。 また、浄土真宗では線香を立てることはなく、数本を折って横に寝かせて用います。
設計者のコメント
設計 東京大学藝術大学 ヨコミゾマコト研究室 このお墓の外観はモニュメントのように何かを強く主張するものではなく、境内やまわりの景色にとけ込むものであり、 内部は心を静めて故人に思いを馳せることができる空間になる。
永代墓ハクラ
ワタシのタネ日記
ギター&タップダンス&パーカッションの3人
11/8(日) 会場/長徳寺 本堂 17:30 Open 18:30 Start  前売り¥2500  当日¥2800 ※当日、ドリンク,アルコール,フード の販売あります チケット取扱い 長徳寺  ジャズ喫茶バード (新発田市大手町1-11-2)
Conguero Tres Hoofers (コンゲイロトレスフーファーズ)=CTHの2015秋ツアー!
桃中軒雲右衛門 百回忌記念国本武春浪曲公演 「安兵衛と新発田」
11/7(土) 午後2時開演 会場/長徳寺 ※当日は駐車場がありません。お近くの駐車場を ご利用ください。 料 金/前売2,000円 当日2,500円 ※限定200席 発 売/新発田市観光協会TEL0254-26-5031 問合せ/国本武春新発田公演実行委員会 EL090-1898-5107またはTEL090-2733-3568 イベント 修復された義士人形特別公開 【10:00~16:00長徳寺義士堂】※武庸会・修復師ら による解説あり。 ---解説は11:30、12:30、13:30の3回実施---